[リストへもどる]
一括表示
タイトルマイナビ本戦2回戦 貞升南VS里見香奈
記事No310
投稿日: 2017/12/11(Mon) 16:23
投稿者丹善人
マイナビ女子オープン本戦準々決勝、貞升南VS里見香奈の対局は、68手で後手の
里見香奈が勝ち、準決勝に駒を進めました。」

先手貞升南居飛車の出だしに、後手里見香奈はゴキゲン中飛車。なので先手は
超速銀で迎えますが、後手は5筋の歩を伸ばして角交換要求。先手は6六歩を上げて
断ります。ならばと歩の交換から後手は銀を活用する手に。

先手は後手の角を角筋からそらさせてから銀を前進させて角を軸に攻め込む態勢を
見せます。ならばと後手は銀をぶつけに上がりますが、先手は拒否。銀を4四に
ずらせて飛車先に歩を打って飛車道を止めます。後手の銀が前に上がったので
チャンスと見て先手は飛車角交換から銀桂両取りに角を打ち込みますが、これが
いささか早計だったかも。銀を守られてみれば、桂取りに角が成ったところで
飛車を通されれば馬の自由度がぐっと減ります。やむなく打ったばかりの歩を
捨てて後手自身の銀で飛車道を遮る手に出ますが、後手も飛車の打ち込みで
玉を横から攻める構えに。こうなると使えていない先手の角が壁になって
先手玉の逃げ場所がない状態に。

先手は飛車狙いに飛車のこびんにある金を狙って銀を打ち込みますが、後手は
銀が上がって飛車道を再度開きます。後手の方が手が早く、飛車は取れない
状態に。やむなく取ったばかりの桂馬を貼って飛車道をふさぎますが、
後手は上がった銀が攻めの拠点となってもう飛車には用なしの状態。先手の
守りの金を攻めることに。

後手里見香奈はとりあえず金の守りに飛車をずらせて金銀交換に。先手貞升南は
馬がすべりこんで飛車取りに出ますが持ち駒が出来た後手は飛車にはかまわず
取った銀を打ち込んで先手の守り陣を崩しにかかります。
取って打って守っての千日手になりそうなところ、後手は不要な飛車を切り捨てて
これでゲームセット。攻め駒十分の五手の攻めの前には防ぎきるだけの余裕もなく、
格の違いを見せつけられた格好で投了に追い込まれました。

準決勝進出を果たした里見香奈ですが、次回の相手は里見咲紀と西山朋佳の
勝者と言うことで、可能性は低いかと思われますが、公式戦での姉妹対決が
見られるかもしれないとの期待が高まります。


【第11期マイナビ女子オープン本戦】女王:加藤桃子奨励会初段

貞升 南 ●  ○ 里見 香奈  68手

里見 香奈女流五冠---------+
              +-里見香-+
香川 愛生女流三段---------+     |
                   +-里見香-+
清水 市代女流六段---------+     |    |
              +-貞升 -+    |
貞升 南 女流初段---------+         |
                       +-   -+
里見 咲紀女流初段---------+         |     |
              +-里見咲-+    |     |
長谷川優貴女流二段---------+     |    |     |
                   +-   -+     |
竹部さゆり女流三段---------+     |          |
              +-西山 -+          |
西山朋佳奨励会三段---------+               |
                             +-
甲斐 智美女流五段---------+               |
              +-中倉宏-+         |
中倉 宏美女流二段---------+     |         |
                   +-伊藤 -+    |
塚田恵梨花女流1級---------+     |    |    |
              +-伊藤 -+    |    |
伊藤 沙恵女流二段---------+         |    |
                       +-   -+
小野ゆかり ア マ---------+         |
              +-小野 -+    |
藤田 綾 女流二段---------+     |    |
                   +-   -+
岩根 忍 女流三段---------+     |
              +-岩根 -+
上田 初美女流三段---------+


÷  丹善人  ÷