[リストへもどる]
一括表示
タイトルマイナビ五番勝負第2局
記事No419
投稿日: 2018/04/25(Wed) 16:53
投稿者丹善人
加藤桃子女王の先勝で始まったマイナビ女子オープン五番勝負第2局は
98手で後手の西山朋佳が勝って1勝1敗のタイに戻しました。、

先手加藤桃子飛車先を突きこす出だしに後手西山朋佳は四間飛車に。
先手が玉を左に移動させると後手は美濃に囲います。9筋の歩を突き合った
ところで、先手から角交換。先手が右銀を繰り出すと、受けて後手も
左銀を上げていきます。

先手は6六に角を打って、隙の出来た後手の歩を奪います。後手は金も上げて
角を追い返します。1歩奪った先手が有利jか、角を打たせて自分は手持ちに
している後手が有利か微妙なところ。

後手は引いた角狙いに銀を進めますが、銀が動いたことで桂馬が飛び出せる
ことに。この桂馬が後手の飛車狙いに利く有効な手のため、後手の狙いが
わからないところ、なんと後手は桂馬を飛んで桂馬を取りに出て、飛車が
ただに。すかさず先手は角の成り込みで飛車のタダ取り。後手も桂成りから
先手の飛車をいじめにかかります。逃げ場の少ない飛車ですがなんとか
逃げると、後手は成桂と銀の交換。すぐにもう1枚桂馬を貼って攻めの継続。
角の打ち込みで再度飛車イジメ。

角が成り込んだのと同時に先手は飛車の打ち込みで、隙があれば後手玉への
横からの攻めを見せますが、後手は馬と飛車の鬼ごっこ。いったん千日手模様と
見えましたが、打開のためでしょう、後手は先手玉正面からの攻撃。
先手守りの金を遠ざけてから桂銀が成りこんで先手玉を動かしてからの香車
の田楽刺しで先手玉を裸にします。

もう1枚駒があれば先手玉を寄せきれる形となった後手西山朋佳は、再度馬を
動かして駒を奪いに行きます。攻め駒はありながらの手番を得られない先手
加藤桃子は防戦一方。なけなしの香車を打って金取りを阻止します。
しかしもう1枚香車を貼って馬の利きを阻止する手が有効でしたが、駒を
惜しんで金上がりで節約したのが徒になったか、馬の筋が通ったまま、
後手は正面から桂馬張りで先手に守りに銀を使わせた後、飛車取りに金を
打ち付けます。

やむを得ず先手は馬と飛車を交換しますが、後手としては
馬は使われていない駒なので、これは実質的な後手の駒得。大きな戦力を得た
後手はただちに飛車の打ち込みから一気の寄せに。
中盤初め、飛車のタダ取りで一見優位に見えた先手加藤桃子は、結局その
優位を生かすことなく押し切られる形となってしまいました。


【第11期マイナビ女子オープン五番勝負】

加藤 桃子 ●  ○ 西山 朋佳

+------+------------------+--------+--------+--------+--------+--------+
|   |  氏  名   | 第1局 | 第2局 | 第3局 | 第4局 | 第5局 |
+------+------------------+--------+--------+--------+--------+--------+
|女王 |加藤桃子奨励会初段|  ○  | 先● |     |  先  |     |
+------+------------------+--------+--------+--------+--------+--------+
|挑戦者|西山朋佳奨励会三段| 先● |  ○  |  先  |     |     |
+------+------------------+--------+--------+--------+--------+--------+
|   |         |112手| 98手|   手|   手|   手|
+------+------------------+--------+--------+--------+--------+--------+

第1局 4月10日(火) 神奈川県秦野市「元湯 陣屋」
第2局 4月25日(水) 山梨県甲府市「常磐ホテル」
第3局 5月16日(火) 福島県郡山市「華の湯」
第4局 5月24日(水) 東京都渋谷区「東京・将棋会館」
第5局 6月 5日(火) 東京都渋谷区「東京・将棋会館」


÷  丹善人  ÷