千 日 亭
[トップに戻る] [記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル マイナビ五番勝負第1局
投稿日: 2017/04/11(Tue) 16:17
投稿者丹善人

加藤桃子女王に元女王上田初美女流三段が抽選する、マイナビ女子オープン
五番勝負、第1局は、119手で先手の加藤桃子が先勝しました。

先手加藤桃子居飛車の出だしに、後手上田初美はゴキゲン中飛車美濃。
そこで先手は超速銀で迎え撃ちます。 先手は積極的に銀を押し出し、3三に
上がっている角頭を狙い、角が下がるとそのまま飛車が前進。後手は飛車を
5四に上げて銀が動けば飛車取りに出る構え。それでも先手は銀成りでここは
飛車交換。後手は直ちに飛車の打ち込みで成り銀取りに。先手は飛車の合駒に
数度飛車交換で先手の成銀を下に下げさせてから後手は打ち込んだ飛車を
横に動かして竜に。先手は桂馬を打って竜を追い払おうとしますが、竜は先手玉の
正面近くに回ります。先手は合駒に打った飛車を使って2筋を攻めたいところ。

後手は目標にされそうな角を下げ、さらに攻撃の竜の援護に銀を中央から上げ、
角も5三に上げて先手の竜を牽制。結果薄くなった右側を先手は突撃。
予定通り角が上がって先手の竜を牽制しますが、先手が銀を成り込ませた
ところで飛車が当たっている角を逃がさずに金で成銀を取ります。
ここは先手に判断が委ねられ、この金を取って飛車が成り込むか、ただに
なっている角を奪うのか。先手は角取りを選択します。

後手は竜を回して先手陣への入り込みを模索。先手は歩を貼りまくっての阻止。
その後先手は飛車が宇置けなくはなりましたが、角の打ち込みで馬を作って
中央からの攻め。後手は端に回した竜が動けるように香車を奪って今にも
入り込める態勢にはなりましたが、先手の攻撃の方が早い模様。やむなく竜を
中央に振って飛車との交換。すぐに打ち込んで再び竜作りに。

先手は飛車の打ち込みからの横からの攻め。対する後手は遊び駒の銀を
桂馬と交換してからの飛車の成り込み。香車を貼って攻めようとしますが、
先手陣は守りが堅く、受けきれば先手からはいくらでも攻撃の目があり、
チャンス待ちとなりました。

後手上田初美は香車成りから竜が先手玉側まで寄りましたが、交換した香車を
貼られて、駒不足で継続手がなく、いったん竜を逃がします。
ここで手番が回った先手加藤桃子が駒を足して攻めを敢行します。
先手は3枚の桂馬を貼りまくって、完璧に受けなし状態に。
一時は調子を落としまくっていた加藤桃子の完勝譜が出来ました。


【第10期マイナビ女子オープン五番勝負】

加藤 桃子 ○  ● 上田 初美

+------+------------------+--------+--------+--------+--------+--------+
|   |  氏  名   | 第1局 | 第2局 | 第3局 | 第4局 | 第5局 |
+------+------------------+--------+--------+--------+--------+--------+
|女王 |加藤桃子奨励会初段| 先○  |     |  先  |     |     |
+------+------------------+--------+--------+--------+--------+--------+
|挑戦者|上田 初美女流三段|  ●  |  先  |     |  先  |     |
+------+------------------+--------+--------+--------+--------+--------+
|   |         |119手|   手|   手|   手|   手|
+------+------------------+--------+--------+--------+--------+--------+

第1局 4月11日(火) 神奈川県秦野市「元湯 陣屋」
第2局 4月20日(木) 東京都港区「明治記念館」
第3局 5月16日(火) 愛知県蒲郡市「銀波荘」
第4局 5月24日(水) 東京都渋谷区「東京・将棋会館」
第5局 6月 2日(金) 東京都渋谷区「東京・将棋会館」


÷  丹善人  ÷


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
タイトル
メッセージ   図表モード 手動改行 強制改行  
参照先−(入力禁止です)
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー