千 日 亭
[トップに戻る] [記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 女流王位戦五番勝負第4局
投稿日: 2018/06/13(Wed) 19:17
投稿者丹善人

挑戦者渡部愛が2勝1敗とタイトル奪取に王手をかけた、女流王位戦五番勝負
第4局が行われ、139手で先手の渡部愛が勝ち、3勝1敗でタイトル戦
初出場にて初タイトルを奪取すると共に、タイトル1期により、同日付けで
女流三段に昇段しました。。

大方の予想通り、タイトル奪取を狙う先手渡部愛居飛車の出だしに、防衛に向けて
ふんばりたい後手里見香奈はゴキゲン中飛車となり、先手は超速銀を選択します。
後手も銀を繰り出してにらみ合う形となりました。
後手は美濃に、先手は2枚の金を寄せただけの囲いとしては不十分な物。超速銀を
行う場合にはえてしてそういった状況になるそうだ。

先手は2枚の銀が5五を睨むように上がり、右の桂馬も上がって様子をうかがいます。
後手は飛車を下段に下げ、金を上げて2筋を守ります。9筋の歩の突き合いの後、
先手も飛車を下段に落とします。
後手は1四に歩を上げ、角が回る場合も想定。先手は金無双に落ち着きました。

後手は銀狙いに6四歩と上げますが、これで角の4二への引き筋が止まるので
先手は桂馬を跳ね、後手は角を2二に引きます。ここは2筋での歩の交換があります。
先手は先に3筋の歩を突き捨ててから2筋の歩の交換に入り、後手からの桂交換に
先手も応じます。

後手は桂馬が手に入ったので両銀狙いの割り打ちが出来ます。先手は飛車を一つ
下げて後手に歩を貼らせて角道を止めさせてから飛車を下げ。あえて桂馬の
割り打ちを待ちます。桂銀交換は角道が通って先手有利になるという判断のようです。
なので、後手は飛車先を止める意味を含めて3四に桂馬を打ちました。

先手は飛車を3筋に回し、桂銀交換を要求します。このまま交換に上がった歩が
銀を圧迫して飛車が出ようという作戦。後手は5筋の歩を突いて歩の交換から飛車が
前進、4六の歩を取ろうという方針に出ましたが、2歩と桂馬2枚を手に入れた
先手は9筋の端攻めを敢行。一気に終盤へと突入します。

後手も4筋からの飛車の突入に銀下がりで受ける先手。玉頭が開いたので飛車回りで、
ここに合駒をすれば角が使えなくなるので後手は格が上がります。すると今度は
後手からの端攻め。香車を釣り上げて、やむなく桂馬が上がり、これで後手玉の端が
安全となって香車が上がります。

先手は玉の逃げ道作りに6六歩と上がります。ここでうまい手がないかどうか後手の
長考となり、一見何でもない先手飛車先の歩を延ばして手を渡します。今度は先手が
悩む番。9五に歩を打ちますが、ここは無視しても良いところ、あえて後手はこの歩を
取り、ならばと先手は金を上げて目障りな飛車を追い払います。ここで玉頭を守る
歩を打っても良いところ、先手は飛車の転換阻止に6五に歩を上げます。これが
悩んだところだったのでしょか。

先手は玉頭を守るのはぬるいと見たのか、端攻めを優先します。この相手には少しでも
隙を見せると一気に持って行かれると、このタイトル戦で学んだのでしょう。
対する後手はこの3連戦で相手の読みの鋭さに恐れが出たのか、思い切った手が
出せません。

先手からの9三への歩の打ち込みに対し、後手はこれを放置。そして飛車の横移動を
阻止する6五の歩を飛車ではなく歩で取りました。この延ばして攻めに使おうという
ところでしょうが、ならばと先手は8六桂と、直接後手玉を狙っていきます。
後手は5筋の歩を突いて銀をおびき出し、香捨てで拾った桂馬を貼る手に出ます。

後手は飛車を守る手ではなく、直接相手の守り駒を攻める桂打ちに出ました。
先後手の両者共に、控え室の解説陣の予想が当たりません。
しかし後手里見香奈らしくない指し手が続いていて変調が疑われます。

先手渡部愛は順調に桂跳ねから挟撃の香車貼り。あと1枚落ちている駒を拾えば
後手玉を寄せきれます。後手里見香奈はやむなく駒切りから拾った角で王手香車取りに
出て香車をはずします。勝負は難解となり間違えた方が負けるという状況になって
きました。

後手は守りを固めながら眠っていた角道を開きます。先手は包むべきか押すべきか、
守るべきか攻めるべきか迷いながら、とりあえずカナ駒を手に入れた後、角道を
閉ざす桂馬打ちに出ました。これが決め手になったか。取らなければ玉の逃げ道が
ふさがれてしまうのでやむなく同金と取りましたが、これで角道がふさがり、
先手渡部愛のタイトル初奪取の瞬間が近づいて来ました。

角道が止まったことで5五桂馬と打つことが出来、さらには金が質駒となって
いるので、寄せには十分です。
最後、手順に不安はありましたが、後手が隙を突くことはできず、優勢のまま
先手玉を寄せきりました。


【第29期女流王位戦五番勝負】

渡部 愛 ○  ● 里見 香奈

+------+------------------+--------+--------+--------+--------+--------+
|   |  氏  名   | 第1局 | 第2局 | 第3局 | 第4局 | 第5局 |
+------+------------------+--------+--------+--------+--------+--------+
| 王位|里見 香奈女流五冠|  先● |  ○  |  先● |  ●  |     |
+------+------------------+--------+--------+--------+--------+--------+
|挑戦者|渡部 愛 女流二段|  ○  |  先● |  ○  |  先○ |     |
+------+------------------+--------+--------+--------+--------+--------+
|   |         |114手|106手|134手|139手|   手|
+------+------------------+--------+--------+--------+--------+--------+

3勝1敗で渡部愛がタイトル初奪取!

第1局 5月 9日(水)札幌市中央区「京王プラザホテル札幌」
第2局 5月22日(火)兵庫県姫路市「夢乃井」
第3局 5月30日(水)福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」
第4局 6月13日(水)徳島県徳島市「JRホテルクレメント徳島」
第5局 6月26日(火)東京都渋谷区「東京・将棋会館」


÷  丹善人  ÷


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
タイトル
メッセージ   図表モード 手動改行 強制改行  
参照先−(入力禁止です)
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー