千 日 亭
[トップに戻る] [記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトル 女流王座戦二次予選 本田小百合VS井道千尋
投稿日: 2018/06/15(Fri) 17:13
投稿者丹善人

女流王座戦二次予選、本田小百合VS井道千尋の対局は、141手で先手の
本田小百合が勝ち本戦に進出しました。

先手本田小百合イビ穴に対し、後手井道千尋三間飛車美濃という出だし。
歩の衝突はないままに後手は飛車を4段目に置き、角を5一に下げ、桂馬が
3三に上がって、左側には香車しかない状態。先手は角を6八に置き、右銀が
6六まで移動しました。

続けて先手は金も5九に移動。1〜4筋ががら空き状態となり、攻め込んで
良い物か後手も悩みます。とりあえず銀を前進させますが、踏み込みには
慎重に。その間先手は駒をすべて玉側に集め、こちらも銀を前進させますが、
後手は金を守りにすえ、角が6二に回って先手の飛車を牽制して、いつでも
攻め込める準備をします。

後手が攻めあぐねている内に先手はどんどn固くなる一方。しかし先手も
攻める手がなく、しばし膠着状態。気の長い戦いとなりました。
後手は5七の地点に攻撃をかけるべく桂馬を飛ばしますが、受ける先手は
飛車道を開けて駒数を増やします。ならばこの飛車を動き辛くしようと歩を
貼って飛車をさらに横移動させた後5七に歩成り。これは駒数が先手が十分。

ここで後手は5八に歩の打ち込み。成って角を動かさせると5七の守りが
減って攻めやすくなります。なので先手は桂馬取りに歩を突くと、後手は
7七に歩の成り込み。桂馬が受けて上がると、桂馬交換ではなく、5八の
歩が成って角が止まっている間に角を宇合ってしまおうという手に。
ここは後手の狙い通りに角を奪い取ることができたのですが、先に先手が
桂馬跳ねで7七の地点を狙う構えに。先手の方が先に後手玉を攻めていく
流れになりそうです。

後手は飛車取りの角の打ち込み。しかしこれは間に合いそうにはありません。
先手の攻めが開始され、歩の成り込みでの角取りに続き再度の歩の叩き。
後手はこれに乗じて玉を広い方に逃がしていく道に出ました。
先手は桂馬を貼って飛車取りの手に。医者が動けば後手玉守りの金を取って
攻めの銀が前進できるので、後手は飛車は見捨てて邪魔な銀取りに出ます。
飛車を取って王手で手が続くせんてですが、持ち駒が大駒2枚だけなので、
寄せきれるかどうか。

先手は急がずに、まず角に当たっている飛車を逃がしてから角貼りで
後手玉の上部脱出を阻止しながら、駒の入手を図ります。
後手は成った角を6五に戻して玉の守りに利かせます。先手は予定通りに
香車取りに。後手は銀取りに馬を引いて攻めの継続に。後手は桂馬の
割り打ちで先手玉の守り駒を1枚はがし、再度桂馬の割り打ちで穴熊を
崩しに入ります。

両者共に決定的な攻めの手が出ないために、逆の意味でどちらに転がっても
おかしくない対局となっています。
両者共に我が道を行く攻め合いでお互いの攻め間違いからの一手違いを
目指す戦いとなり、先手は馬切りで後手の守り駒を波賀氏に行きますが、
後手はその馬を取らずにひたすら先手玉を攻めます。そのうちに先手は
後手玉を詰めろに追い詰めるのですが、先手玉を寄せきれると思っている
後手は放置して攻め続けます。

結果としては後手井道千尋の読みが甘く、先手の守りの飛車がよく利いており、
駒を使い果たしてゲームセット。先手本田小百合も元々の駒では攻めに不足して
いましたが、大量の駒をもらったことで、後手玉を寄せるのには十分という
ことで、これで詰まないはずがないという、序盤中盤終盤どうにも見所のない
対局結果となりました。


【第8期リコー杯女流王座戦二次予選】女流王座:里見 香奈女流四冠

本戦シード:(前期ベスト4)
加藤桃子奨励会初段  香川 愛生女流三段
西山朋佳奨励会三段  室田 伊緒女流二段

本戦出場決定
・  ・上田 初美女流四段  ・村田 智穂女流二段
・鈴木 環那女流二段  ・山口恵梨子女流二段  ・岩根 忍 女流三段
・  ・藤井 奈々女流2級  ・竹俣 紅 女流初段
・  ・  ・本田小百合女流三段

本田小百合 ○  ● 井道 千尋  141手

井道 千尋女流二段---+
           +-本田小百合女流三段
本田小百合女流三段---+


÷  丹善人  ÷


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
タイトル
メッセージ   図表モード 手動改行 強制改行  
参照先−(入力禁止です)
暗証キー (英数字で8文字以内)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー