先手の攻める中飛車[2]


Top 前の章へ 次の章へ
 本章では先手が積極的に攻めに出る攻勢中飛車本来の狙いを見て頂きます。

「図1」


 「図1」は先手の攻める中飛車基本形の、前章「図1」と同一局面です。

「図1」から「図2」までの手順

▽6二銀 ▲5五歩 ▽同 歩 ▲同 飛 ▽4二玉 ▲4八玉
「図2」


 ▲5五歩 ▽同歩に前章では▲同角と取った変化を解説しましたが、 今度は▲同飛と王手で取ってみます。▽4二玉の所▽5三歩打などと言う手は間違ってもやってはいけません。 先手だけ歩を持たれたうえに、▽5四歩と突いた手が全く無駄になってしまい一方的に損をします。
 5五に飛車を置いたまま▲4八玉として「図2」となります。

「図2」から「図3」までの手順

▽8五歩 ▲7七角 ▽3二玉 ▲7八金 ▽3四歩
▲5四飛 ▽7七角成 ▲同 桂 ▽4五角
「図3」


 後手はここで▽8五歩 ▲7七角と飛先を決めておきます。 今なら▲7七角の一手なので時期と言えます。▽3二玉に▲7八金と左翼を固め▽3四歩と角道を開けた瞬間▲5四飛とします。 この手は飛車が逃げたと言うより3四の歩を狙った手です。 しかし角交換をして▽4五角と打った手が3四の歩を守りつつ飛車取りとなり、 更に▽2七角成を狙う一石三丁の好手で「図3」は先手の失敗に見えますが、 実は逆に後手のハマり形なのです。

「図3」から「図4」までの手順

▲5五飛 ▽2七角成 ▲2五飛 ▽5四馬
▲2四歩
「図4」


 ▲5五飛と角取りで飛車を逃げ▽2七角成、その瞬間に▲2五飛と馬取りに当てると▽5四馬とする一手です。 こうして変化する余地の無い手順が続き、▲2四歩と打った「図4」は既に先手の勝勢となっているのです。
 どうしてと思う方もいると思いますが、ここからはどう変化しても先手の勝ちは動かないのです。次章でそれを検証しましょう


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ