中飛車戦法(原始型)


Top 前の章へ 次の章へ
 序盤の形5の振り飛車の中で、飛車を先手なら5八、後手なら5二に振る形を”中飛車(なかびしゃ)戦法”と呼びます。

 今回は1手目でいきなり飛車を振ると言う、基本の6パターンからは外れる原始中飛車と呼ばれる初心者向きの中飛車を見て頂くとしましょう。


「図1」


 「図1」までの手順

▲5八飛 ▽3四歩 ▲5六歩 ▽5四歩
▲6八銀 ▽6二銀 ▲5七銀 ▽4二銀
▲6六銀 ▽5三銀左 ▲5五歩 ▽同 歩
▲同 銀 ▽5四歩 ▲同 銀 ▽同 銀
▲同 飛 ▽5三銀打 ▲5八飛 ▽4二玉

 ▲5八飛と振った後、前回の棒銀と同じく銀が飛車先に出て行き、後手も中央を守りに出た結果、銀がぶつかり合って「図1」となりました。 この局面も先手の必勝となっています。

「図1」から「図2」までの手順

▲5四歩 ▽4四銀 ▲5三銀 ▽同銀引
▲同歩成 ▽同 銀 ▲5四歩 ▽6二銀
▲5三銀 ▽同 銀 ▲同歩成


「図2」
  ▲5四歩から5三に銀を打って行き、以下「図2」まで見事5筋を破って、先手の必勝となりました。 この例のように歩の上に駒を打ちこんで行く手筋は、俗に”重い手”と言われ、上手く行かない事も有るのですが、 ▲5三銀打が王手なので、▽5二歩打と受ける事がが出来ず成立しています。

 1手目に▲5八飛(後手なら▽5二飛)と回ったり、 先に▲5六歩(5四歩)と突いてから2手目に中飛車にすると言う手は、前回の棒銀同様に初心者専用だったのですが、 最近はプロでも指されるようになりました。

 無論この例のように角道も開けず、単純に銀を繰り出して行く形では無く、戦型としては全く違いますし、 ▲7六歩から同じ戦型に持って行く事の方が多いのは確かですが、 昔ならほとんど有り得なかった事です。そのプロ間で指される新型中飛車の紹介は、いずれまたと言う事で。


 今回の原始中飛車と前回の相掛り棒銀は、 将棋を覚えたばかりの初心者の頃誰でも必ずと言って良い程、指したり逆に指された事が有る戦法です。頭の丸い(前に進めない)角を狙う棒銀、 最終目標の玉を最初から狙う中飛車、どちらも理に適い尚且つ、狙いが分かり易いのが人気の戦法です。


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ