藤井システムVS居飛車穴熊[2]


Top 前の章へ 次の章へ



引き続き藤井システムと居飛車穴熊の激闘をご紹介します。

「図1」


「図1」は前章「図3」と同じ、▽3二銀と後手が藤井システムの体制を 採って来た局面です。

「図1」から「図2」までの手順

▲3六歩  ▽6四歩  ▲3五歩  ▽同 歩
▲4六銀  ▽3六歩  ▲3五銀  ▽3七歩成
▲同 桂  ▽3六歩  ▲2四歩  ▽3七歩成
▲2六飛  ▽2四歩  ▲3四歩  ▽2二角
▲2四銀
「図2」


当然ですが後手が居玉のままなら、穴熊に拘らず未完成の美濃囲いを狙って 急戦に方向転換する作戦は考えられます。▲3六歩に対して同様に▽6四歩と 藤井システムに必要な攻撃形を構築して行こうとすると、▲3五歩から5七の 銀を使ってナナメ棒銀の速攻を食らう事になります。左銀からの速攻から比べると 3筋が手薄で通常は右銀からのこの手の速攻は、上手く行き難いのですが この場合は後手が居玉で戦場から近いので成立します。

「図1」から「図3」までの手順

▲3六歩  ▽6二玉  ▲3五歩  ▽同 歩
▲4六銀  ▽4五歩  ▲3三角成 ▽同 桂
▲3五銀  ▽3四歩  ▲2四歩  ▽同 歩
▲3四銀  ▽4六歩  ▲同 歩  ▽同 飛

「図3」




当然ですが▲3六歩には急戦を警戒して▽6二玉と上がります。これでもまだ 玉形は中途半端なので速攻して上手く行きそうですが、一路囲いに入って 玉が露出していなければ▽4五歩と強く対抗出来て、これは上手く行きません。 「図3」では駒が捌けて後手が指し易い形成です。

「図1」から「図4」までの手順

▲3六歩  ▽6二玉  ▲7七角  ▽6四歩
▲8八玉  ▽7四歩  ▲9八香  ▽7三桂
▲6六歩  ▽4五歩  ▲6七金  ▽8五桂
▲8六角  ▽6五歩  ▲7八玉  ▽6六歩
▲同 金  ▽6五歩  ▲5五金  ▽5四歩
▲6五金  ▽9九角成 ▲6八飛  ▽9八馬
▲5四金

「図4」




▲3六歩で急戦を見せる本当の狙いは▽6二玉とさせる事に拠って居玉で 速攻をすると言う藤井システムの理想の攻撃形を封じ、穴熊に組む事だったのです。 しかしただ穴熊に組むだけでは、藤井システムは一手玉が戦場に近づいても十分に 威力を発揮出来たのです。ところが▽6五歩と突かれた時に▲7八玉と戻ると言う 画期的な新手に拠って、これで藤井システムは封じられたかに見えたのですが。

「図1」から「図5」までの手順

▲3六歩  ▽6二玉  ▲7七角  ▽7一玉
▲8八玉  ▽4三銀  ▲9八香  ▽3二飛
▲9九玉  ▽3五歩  ▲同 歩  ▽4五歩
▲3三角成 ▽同 飛  ▲3八飛  ▽4四角
▲6六角  ▽3五飛

「図5」




▲3六歩と先手が突いたら、藤井システムの攻撃形を取り止め玉を一目散に囲い 藤井システム失敗のようですが、実はこれも藤井システムの▲3六歩に対する 対応だったのです。そしてこの3六の歩を狙い3筋から速攻され、▲3六歩の為に 一手遅れた先手側は居飛車穴熊に組む前に前章「図1」でご紹介した立石流のような 速攻で不利に追い込まれてしまいます。

しかしこれで居飛穴側も引く事は有りません。 次章もまた双方の工夫合戦をご紹介します。


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ