藤井システムVS居飛車穴熊[3]


Top 前の章へ 次の章へ



本章でも居飛車穴熊、藤井システム共に秘術の限りを尽くす死闘の 経緯をご紹介します。


「図1」


「図1」は前章「図1」と同じ、▽3二銀と後手が藤井システムの 体制を採って来た局面です。

「図1」から「図2」までの手順

▲7七角  ▽6四歩  ▲3六歩  ▽6二玉
▲8八玉  ▽7一玉  ▲9八香  ▽8二玉
▲9九玉  ▽4三銀  ▲8八銀

「図2」


前章「図5」では先に▲3六歩としたので、いち早く3筋から反撃の体制を 敷かれてしまい不利になりました。そこで▲7七角と居飛穴の意向を先にすると 後手は▽7四歩か▽6四歩と藤井システムに必要な手を指す事になります。 それから▲3六歩とすると今度は3筋からの反撃が間に合わなくなり 無事に▲8八銀と速攻を受ける前にハッチを閉めて穴熊に組めてしまうと言う この逆モーションにより、この反撃形は消えました。

「図3」までの手順

▲7六歩 ▽3四歩 ▲2六歩 ▽4四歩
▲4八銀 ▽4二飛 ▲6八玉 ▽9四歩
▲7八玉 ▽7二銀 ▲5六歩 ▽3二銀
▲5八金右 ▽6四歩 ▲2五歩 ▽3三角
▲5七銀 ▽5二金左

「図3」




結果として後手番で▽9五歩と突き越して行く形は前章「図4」までの ▽6五歩と突かれた時に▲7八玉と戻ると言う画期的な手段により無理となり ▽9五歩と突き越す一手を▽6四歩に変えた「図3」の新型が考案されます。 これにより逆モーションの▲7七角から▲3六歩にも一手早く藤井システムの 攻撃形が作れる為に▽6五歩の仕掛けも一手早くなり▲7八玉と戻る手も 間に合わなくなります。

「図3」から「図4」までの手順

▲3六歩  ▽6二玉  ▲5五角  ▽6三銀
▲3五歩  ▽同 歩  ▲4六銀  ▽4五歩
▲3三角成 ▽同 桂  ▲3五銀  ▽3四歩
▲2四歩  ▽同 歩  ▲同 銀  ▽4六歩
▲3三銀成 ▽同 銀  ▲4六歩  ▽同 飛
▲2一飛成 ▽4四角  ▲5五桂

「図4」




先に▲7七角の逆モーションも通用しなくなりましたが、一つ形が変われば 必ず別な手段が出現する物で、藤井システムを間に合わせる為に突いた▽6四歩を 狙う手が現れたのです。▲3六歩と急戦を見せて▽6二玉と玉の入城を急いだ時に ▲5五角とする手がそれで、次に無条件で6四の歩を取られては良くないので ▽6三銀と受けます。この手で▽6三金と受けるのは玉の横が空いて本譜の進行に なった時に更に指し辛くなります。しかしそこで▲3五歩と速攻を仕掛けられると 変化は有りますが先手が指し易くなります。流石に玉形が中途半端な形で急戦で 来られると難局になります。因みに▽6四歩の所で▽7四歩と突く形も指されましたが やはり▲5五角としてから▲3六歩で同様に後手が思わしくない形勢となります。 これで▽3二銀で待機する藤井システムは、先手の居飛車穴熊を防げないと言う事が 分かり▽4三銀と上がる形の藤井システムが指される事になるのです。



Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ