序盤の形 角換わり


Top 前の章へ 次の章へ
 先手が▲7六歩と角道を開ける所からスタートする相居飛車戦に、序盤から角を交換して互いに角を持ち合って駒組みをして行く戦型が有ります。 これを角換り(かくがわり)の将棋と言います。




「図1」


 図までの手順

▲7六歩 ▽8四歩 ▲2六歩 ▽3二金 ▲7八金
▽8五歩 ▲7七角 ▽3四歩 ▲8八銀
▽7七角成 ▲同 銀

 後手の▽8四歩に今度は先手が▲2六歩と飛車先を突いて行くと前回の矢倉とは別の展開になり、 この角換りになる事が多いのです。そうです戦型の選択権は例外は有りますが、基本的には先手に有るのです。

 角換りの場合はこの手順とは違うルートも有りますし、実際に後手の10手目 ▽7七角成と角を交換する手では▽4四歩など、 これを避ける手も有るので、先後共に了解済みで決定される戦型と言えます。

 上の図から以下 ▽4二銀 ▲3八銀 ▽7二銀 と言った進行などが普通の流れですが、他にも変化が有り、 またこの手順でも多彩な戦型に分かれ、少し戦法としては高度で難解な物となります。


Top ページ先頭へ 前の章へ 次の章へ