新鬼殺し戦法


Top 前の章へ 次の章へ
 2回に亘り鬼殺しのハメ手筋を紹介し、その受け方を解説しましたが、 改良された新鬼殺しと言う米長永世棋聖が創案した戦法が有ります。
これはハメ手では無く、立派に一戦法として成り立つ物です。
それだけに難解で変化も多いので、今回は狙い筋の一例と後手側がこれを避ける手段を見て頂き、鬼殺し編の締めとします。

「図1」までの手順

▲7六歩 △8四歩 ▲7五歩 △8五歩 ▲7七角 △3四歩
▲7八飛 △7七角成 ▲同 桂

「図1」


 まずこれまで解説して来た石田流系の戦法は、▲7六歩に対して▽3四歩と後手が来てくれないと使えないと言う事です。 角道が開いていないと技が掛けられないからで、2手目が▽8四歩で▲7五歩にも▽8五歩だと、 ▲7七角と通常の振り飛車のように上がらざるを得ないのです。
そして▽3四歩に▲6六歩と止めれば、これはまた別の戦型となります。寧ろ、その方が一般的で実戦例も多い戦型では有ります。
しかし新鬼殺しは、ここで意表をついて▲7八飛と振ります。
▽7七角成と角交換して▲同桂と取った「図1」が新鬼殺しの基本形です。

 これまた一見隙だらけですが、ここまで本講座を見て頂いた方には、この形に不用意に仕掛ける手が危険極まる事は分かると思います。
「図1」では▽8六歩と突くなど、いろいろ手が見えますが、後手が仕掛けに出た場合の一例として▽5四角と打った変化を見て頂きます。

「図1」から「図2」までの手順

▽5四角 ▲5五角 ▽2二銀 ▲8五桂 ▽3三銀
▲7三桂不成
「図2」


 角を手放した瞬間に▲5五角と打ち、▽2二銀と受けた時に▲8五桂とこちら側に跳びます。 ▽同飛とは取れないので銀を3三に上がりますが、▲7三桂不成として先手優勢です。 不成で行くのがポイントで、ここを▲7三桂成だと▽8七飛成で成桂が遊んで失敗です。 角を手持ちにしているので、これ以外の仕掛けも、やはり同様に危険です。
それでは「図1」で▽6二金はどうかと言う事ですが、この場合は▲8八飛で別の将棋となりますが、鬼殺し以外では▽6二金は悪形になり感心しません。
角が交換されていて駒捌きが楽なため、鬼殺しと違って戦型の組み換えが可能なのです。それではどうするか

「図3」までの手順

▲7六歩 △8四歩 ▲7五歩 △8五歩 ▲7七角
△3四歩 ▲7八飛 △6二銀
「図3」
 「図3」まで後手から角を交換せずに、新鬼殺しを避けるのが一番分かり易く安全な対策です。 ここで▲2二角成から▲7七桂とするのは前章で解説した対策と類似した局面となります。 また角道を開けるのを保留して玉を3二まで移動してから▽3四歩とするのも、新鬼殺しを封じる策として有効です。
 その場合も「図3」でも、▲6六歩と止めて振り飛車の基本に添った別戦型を先手は選ぶ事になりますが、それはまた解説する機会が有ると思います。


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ