相掛かり 後手16手目の選択


Top 前の章へ 次の章へ
 前章で▲1六歩に▽1四歩と受けるのが安全なのは分かりました。 その後、先手の15手目▲3八銀に、ひねり飛車の解説では▽6四歩と後手が指していますが、 ここでは他にも手が考えられる所です。しかし実は、この後手の16手目も▽6四歩以外の手を指すのは難しいのです。それは何故なのか、 簡単に解説しておく事にします。

「図1」までの手順

▲2六歩 ▽8四歩 ▲2五歩 ▽8五歩 ▲7八金 ▽3二金
▲2四歩 ▽同 歩 ▲同 飛 ▽2三歩 ▲2六飛 ▽7二銀
▲1六歩 ▽1四歩 ▲3八銀

「図1」


 「図1」は問題の先手の15手目▲3八銀が指された局面です。ここから、まず▽8三銀と棒銀で先攻する手はどうか。

「図1」から「図2」までの手順

▽8三銀 ▲7六歩 ▽8四銀 ▲7七角 ▽7四歩
▲8八銀 ▽7五歩 ▲同 歩 ▽同 銀 ▲2五飛
▽6四銀 ▲1五歩 ▽同 歩 ▲1四歩 ▽同 香
▲2四歩 ▽同 歩 ▲同 飛
「図2」


 先手だけ飛先を切っている、この局面での棒銀は▲7六歩から▲7七角で後手は飛先が切れなくなってしまい、結果としてあまり得策では有りません。 ▽7四歩に▲8八銀と上がった先手の形が、棒銀に対する有効な迎撃形で、8筋を破られる心配は無くなります。 ▽7五銀と出た時に▲2五飛から▲1五歩と端攻めに出て、以下「図2」では先手優勢です。
▲1四歩に▽同香と取らなければ▲1五飛 ▽1二歩打と端を詰めて、やはり先手が優勢となります。

 「図1」で他の手として▽4二銀は▲2七銀と逆に棒銀に出られて困ります。 また▽5四歩は、ひねり飛車から▲9七角とされた時にキズになり易いですし、場合によっては▲2四歩と合わす十字飛車も狙われます。 ▽4二玉とするのは、28章の金美濃に出来なくなる。それでは▽4一玉はどうか。

「図1」から「図3」までの手順

▽4一玉 ▲4六歩 ▽8六歩 ▲同 歩 ▽同 飛
▲8七歩 ▽8二飛 ▲4七銀 ▽3四歩 ▲7六歩
▽6四歩 ▲5六銀▽8八角成 ▲同 銀 ▽2二銀
▲7七銀 ▽6三銀 ▲5八金 ▽5四銀 ▲4五銀
▽同 銀 ▲6三角 ▽4二玉 ▲4五角成
「図3」
 「図3」までは、たとえばと言う手順ですが、先手が▲5六銀と腰掛け銀に変更した場合、後手の▽4一玉は位置的にバランスが良くない事になります。 この形の腰掛け銀には4二か5二が良いのです。この他にも手は有りますが、先手が如何なる戦型になっても対応出来る▽6四歩が一番損が無いのです。

 以上の点から、ひねり飛車も含めて、この相掛り型では16手目▽6四歩まで、ほとんど必然と言う事になるのです。 ただし先手の13手目▲1六歩では、ひねり飛車の選択は無くなりますが、▲5八玉とする手も有ります。しかし実戦例は少なく▲1六歩が一般的です。


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ