相掛かり ▲1五歩突き越し型


Top 前の章へ 次の章へ
 27章で触れた、相掛りの先手浮き飛車型で、後手が先手の▲1六歩に▽1四歩と受けなかった場合の急戦型戦法を御紹介します。

「図1」までの手順

▲2六歩 ▽8四歩 ▲2五歩 ▽8五歩 ▲7八金 ▽3二金
▲2四歩 ▽同 歩 ▲同 飛 ▽2三歩 ▲2六飛 ▽7二銀
▲1六歩 ▽3四歩 ▲1五歩 ▽6四歩 ▲3八銀 ▽6三銀
▲7六歩 ▽8六歩 ▲同 歩 ▽同 飛 ▲8七歩 ▽8二飛


「図1」


 ▲1六歩に後手が端を受けずに▽3四歩と突いてきた場合、 ▲3六飛から縦歩取りに行くのは、▲1六歩が全くの無駄手になってしまい損です。 ▲1五歩と突き越し、後手の飛車先交換にも普通に▲8七歩と打ち、ひねり飛車にはせず別の戦型を目指した方が得なのです。

「図1」から「図2」までの手順

▲3六歩 ▽4二玉 ▲3七桂 ▽5四銀 ▲5八玉
▽5二金
「図2」


 ▲3六歩から▲3七桂と桂を活用して、すばやく攻撃態勢を整えます。 後手も▽4二玉から▽5四銀と繰り出してきます。この▽5四銀と5筋の歩の上に銀が上がる形を腰掛け銀”と言います。
▲5八玉は▲6八玉も有って難しい所ですが、超急戦を狙う場合はどこからも角筋で直接に王手が掛からない▲5八玉が良いようです。 後手も▽5二金と締まり「図2」となります。

「図2」から「図3」までの手順

▲3五歩 ▽同 歩 ▲1四歩 ▽同 歩 ▲1三歩
▽同 香 ▲2五桂▽8八角成 ▲同 銀 ▽2二銀
▲1三桂成▽同 桂 ▲3四香 ▽3三桂 ▲1四香
▽1二歩 ▲2一角 ▽1一銀 ▲1三香成▽同 歩
▲3二角成 ▽同 玉 ▲2五桂 ▽2二銀▲3三桂成
▽同 銀 ▲同香成 ▽同 玉 ▲3四歩
「図3」
 まず▲3五歩と突き捨て、次に▲1四歩 ▽同歩 ▲1三歩打 ▽同香として▲2五桂と跳ねる。 これがこの形の速攻手段です。もし後手が▽1四歩と受けている場合は▲1五歩 ▽同歩と言う形なので▲2五桂の時に▽1四香と逃げられてしまい、 この攻めは無理筋となるのです。

 以下は変化の一例で「図3」では先手の勝ちとなっています。 最終手の▲3四歩打に▽同玉なら▲4六桂打、下に下がるのは▲3三銀打で、また▽4四玉と逃げるのは▲2三飛成で、 後は平凡に追いかければ、いずれも寄り筋(玉を追い詰める事が出来る形)です。 もちろん他に多数変化が有りますが▲3五歩からの攻め筋は意外に受けにくく、実戦では攻めている方が勝ちやすい形ではないかと思います。

 因みに「図3」の局面まで来ると ▲5八玉と上がった訳が分かると思います。もし居玉ですと、途中で▽1五角の準王手飛車取りになってしまうのです。


 以上のような理由で、相掛り型での▲1六歩に後手も▽1四歩と受ける方が安全と言う事になるのです。 ▲3五歩の突き捨ては非常に重要な手筋なので良く御記憶下さい。


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ